エンディングノートってなに?


▼エンディングノートってなに?

エンディングノートとは

「自身の考える終焉(エンディング)をどのように迎えたいか」を具体的に記したノートのことをエンディングノートといいます。(もしもの時に役に立つことから「もしもノート」とも呼ばれています)


▼どうやって書くの?

書き方やルールはありません

まずはご自身にとって「書きやすいと思うところ」から書いてみましょう。

「終活とは?」のページでご説明した「生前整理」のことを書くもよし、保険や相続、お葬式など具体的な内容を書くもよし。書く内容や順番にルールはありませんので、思ったことを気軽に書いてみてください。

ノートを書く際は以下のことに注意してください。

・これからの人生の準備という意識を持って書く
(マイナスのイメージを持たないことが大事です)

・書き始めた日を書く
(書き直したり内容を変えた時はその日付けに直しましょう)

・書きやすいところから書く
(ノートの全てのページを書く必要はありません)

・夫婦や友達と一緒に書く
(誰かと話しながら書くと書きやすい、というお声をよく聞きます)

・書き直しやすい筆記具を使って書く

・書き終わったら保管場所を伝える
(個人情報を書きますので金庫などに保管すると良いでしょう)

※ただしこの「エンディングノート」には法的な拘束力はありません。
場合によっては遺言の作成が必要になりますので、あわせてご検討ください。